台味誌
Slide Background
2017-03-09
先にメニューをご覧下さい。ご注文が済んだら席にどうぞ!

い看板の上に黄色い斜線と、白い楷書で「美而美」と書いてあり、台湾人共有の記憶です。

Read More
Slide Background
2017-03-09
一食の朝食 百通りの人生:静かに生きられるなら、ドラマのような展開なんていらない

朝食は一人ひとりにとって掛け替えのない存在です。数多くの物語が生まれてきました。

Read More
Slide Background
2017-03-09
みんなが食べる勇気の出ない「鹹豆漿」:でも、私はこれこそ中華式朝食屋の魂だと思う

もし、中華式朝食屋の魂を代表するものを挙げよと言われたら、それは言わずもがな「鹹豆漿」(台湾式おかず豆乳スープ)でしょう。

Read More
Slide Background
2017-03-09
マーガリンの戦い

毎朝、眠気と戦っているあなたは、やっとベッドから這い出て家を出発しました。家の近くにある朝ご飯屋さんに着きました。

Read More
Slide Background
2017-01-07
これこそノスタルジックな味:台湾風マヨネーズ

へらを持って、香ばしい食パンに「すーすー」と薄い黄色のマヨネーズを塗りながら、「お兄さん、お嬢さんおはよーう」って親切に接客しているおばさん。

Read More
Slide Background
2017-01-07
焼き続ける鉄板麺

うるせぇ!全部混ぜて鉄板麺を作れ!

「丸太麺に決まってる!」

「王道は平打ち麺だ!」

Read More
Slide Background
2016-12-09
愛と夢、ときどきおせっかいな物語:多扶接送インタビュー

これは、旅行に関する物語。これは生活品質に関する物語。これは、私たち一人ひとりに関するもの語り。そしてこれは、今まだ進行中の、ちょっとばかみたいな物語。とても台湾らしく、ちょっとおせっかいで、愛に溢れた物語です。

「多扶接送」はMVPも恋人もいる、愛と夢の物語。

Read More
Slide Background
2016-10-31
花蓮や台東は、 つまらない? NO!ここは自然豊かな美食の宝庫!

台北から花蓮までは2時間の距離です。東部は、他の都市に住む人たちにとって魂の「後山」になりました。ここは自然が豊かなだけではなく、そこで育った作物の、そのままの味を楽しめる場所でもあるのです。

Read More
Slide Background
2016-10-31
伝統の台南、 流行の台北、 満腹の台中!

劉克襄:「台中の朝食はどこにあるんだろうか?」
小台中:「私のお腹の中に!」

Read More
Slide Background
2016-10-31
午前4時に朝食を食べる

嘉玲「塩水の人たちの日常生活はどのような感じだと思いますか?」
Ryan「そうですね…意麺を食べたりとか?」
嘉玲「実は朝の4時から行列に並んで朝食を摂るんです!」Ryan「そうなんですか!」

Read More